• college2018@seikei-tennis.com

Category Archive2014年度

リーグ戦 入れ替え戦 

こんばんは、4年の鈴木です。昨日リーグ戦の3部入れ替え戦が立教大学にて行われました。結果はダブルス1?2、シングルス2?4、計3?6で成蹊大学が敗戦致しました。結果4部残留が決定致しました。OB,OGの皆様並びに関係者の皆様本当に多くの応援ありがとうございました。

4年連続入れ替え戦負けは部にとっても部員一人一人にとっても非常に厳しい結果ではありますがチームは毎年、前年を上回る物を作っています、3部昇格を成し遂げるためあとどれだけ向上しなければいけないかは分からないですが後輩達がその高みに昇ると確信しています。

以下は主将角替の挨拶です。

御礼
OB・OGの皆様、先生方。
こんばんは。
男子主将の角替です。

平成26年度関東大学テニスリーグの結果は第3部入れ替え戦負け、第4部残留という結果に終わりました。

3部昇格する事は出来ませんでしたが皆様のご支援があったからこそ、上入れ替えまで進むことが出来ました。
主将として至らない所が多々ありましたが、皆様には最後まで多大なるご支援、ご指導を頂きまして本当に感謝しております。
4年連続入れ替え戦負けということは、部として何かを変えなければ昇格する事は出来ないと思います。
今、何が必要なのかはわかりませんが、来年度こそ昇格出来るように現役をサポートしていきたいと思います。

私自身、皆様に支えられたこの4年間は楽しみながら成長する事ができ、とても有意義で幸せな時間でした。
本当にありがとうございました。
最後となりますがこれからも成蹊大学体育会硬式庭球部を御指導、御鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

男子主将

角替恵志郎

S__19955723

リーグ戦最終戦 対順天堂大学戦

こんばんは、4年の鈴木です。本日リーグ戦の最終戦が行われました。結果はダブルス2?1、シングルス3?3、計5?4を持ちまして成蹊大学が勝利致しました。皆様応援ありがとうございました。

本日の試合は負ければ残留、4年生は引退となる非常に重要な一戦です。しかし状況は相手も同じでお互い1ポイントも落とせません。ダブルスは前戦に続き成蹊有利の展開で始まり3つのダブルスすべて難なく1stセットを奪います。No.2は非常に苦しい展開が予想されましたが今年1番のパフォーマンスで調子に波のある相手を圧倒しました。相手はリターンにおいてストレート強打を多用してきましたがその対応も良かったです。相手No.1はシングルでインカレ出場の実力者でしたがボレーとクロスラリーで成蹊はむしろ優勢で所々苦しむも2セットで試合を終わらせました。好調なNo.1、2とは対照的に3は苦しみます。ファイナルセットでの勝負が定番になっている3ですがなかなかリターンが決まらず流れを作れません。入れ替え戦ではこのような展開は許されません。

 

シングルスは成蹊優位で進んでいるかに見えた展開が突如逆転します。No.4.6が勝利し5もファイナルセット優位に立っており、さらにNo.3も1stセットを奪取した所でした。5がサービスゲームをキープ出来ず万事休す。順天堂に5を取られます。この時点で合計本数4?2なので成蹊有利に思えますが相手のNo.1は資格者ですし2も相手校主将で怪我を負いがらも試合を圧倒していました。No.3にかかる流れで2ndセット成蹊から3?5となります。相手も右肩上がりだったのでファイナルセットになると厳しかったでしょう。ここからブレイクしタイブレークに持ち込み今日の5本目となる勝ちを収めました。わずか1時間位の短い時間でしたがこの間選手も応援も本当に一体となっていました、入れ替え戦では同じ事を全試合で、特にダブルスで求められます。

 

泣いても笑っても次が最後です。ここ数年リベンジをかかげていましたがもう一度挑戦者である事を思い出し余計なプレッシャーを捨て今日のような試合を再現したいと思います。また対戦校は立教大学に決定致しました、会場が決まっておりませんので決定し次第ご連絡致します。毎年リーグ戦には多くの方に応援に来て頂いております、今年の入れ替え戦も応援よろしくお願い致します。S__19456019

リーグ戦第四戦 対成城大学

こんにちは、4年の鈴木です。昨日リーグ戦第四戦対成城戦が成城大学にて行われました。結果はダブルス3-0,シングルス3-3,計6-3で成蹊大学が勝利致しました。皆様応援ありがとうございました。この結果、最終戦の順天堂戦に勝利すれば入れ替え戦に出場できます。

試合は一昨日の雨のためダブルスの1stセットを終えて昨日に持ち越しとなりました。天気自体は回復に向かっていたのですが流れの悪い成城大学が間を取りたいとの思惑もあっての決定でした。嫌な間を取られましたが成蹊は全ダブルス共に素晴らしい再スタートを見せ3つすべて2セットで試合を終わらせました。成蹊はダブルスの、特に1stセットに非常に強いです。これをなんとか順天堂との試合に活かしたいです。

シングルスはNo.4が相手のNo.1かなりの強敵と当たりましたが長いラリーを使い1stセットを奪取します。しかし2ndセットに勢いが続きませんでした。ファイナルセットでマッチポイントを握るも変化をつけられなかった為か凌がれ、相手の流れとなり敗戦しました。ラリーでは上手く甘い球を引き出していましたがそれを活かす決め球がありませんでした。

No.2は相手が非常にペースの遅いボールを使い成蹊のミスを待ちます。その思惑に見事にはまり無理に打ちに行ったりとミスを頻発し良い所なく敗戦しました。成蹊にはいないタイプのプレーヤーですが勝たなければいけない一本でした。No.1は調子の良い相手に押し切られ1stセットを落としますが2ndセットは奪取します。ファイナルセット終盤にはお互い疲労が見える場面が多くなりました。ここで成蹊は次戦の事を最優先にしリタイアします。難しい決断ですが試合が1日長引いていたので致し方ありません。

次戦の順天堂戦ですべてが決まります。モチベーションに問題はありませんが体力的には試合による疲労と、リーグ期間中のトレーニング量減少により少しキレが落ちています。調整と並行して疲労回復も重要になります。

次戦はアウェイでの試合となり、サーフェイスもハードと苦しい展開が予想されますのでご都合つきましたら是非応援宜しくお願い致します。

リーグ戦中断のお知らせ

リーグ第四戦対成城大学について。
こんにちは。
男子主将の角替です。
成城大学との試合は
D1
6-2
D2
6-1.1-0
D3
4-2
での雨天中断となりました。

明日の9時から成城大学にて試合開始となります。
宜しくお願い致します。

男子主将
角替恵志郎

リーグ戦第三戦 対学習院大学

こんにちは、4年の鈴木です。9月7日にリーグ戦第3戦対学習院大学戦が成蹊大学にて行われました。結果はダブルス3?0、シングルス5?1、計8?1で成蹊大学の勝ちが決定致しました。皆様応援ありがとうございました。

学習院大は4大学運動競技大会でも顔を合わせるためお互い良く知り合った中での対戦となりました。ダブルスは相手のNo.1と成蹊のNo.3が当たり厳しい展開になりましたが成蹊が非常に良く粘りNo.3を奪取。ダブルス3?0で先行を決めました。本日は9?0での勝利を目標にしていたため非常に良いスタートとなりました。

シングルスはNo.4が立ち上がり苦しみながらも上手くカムバックしファイナルセットで勝利しました。No.3はファーストセットを6?0で奪取するもバックハンドを狙う戦略を読まれ始め一転して苦しい展開にファイナルセットも流れは変わらずに1本を落としてしまいました。1stセットが良かっただけにもったいない敗戦でした。しかしその後の2本も成蹊が勝利し8?1としました。

本日の試合に限らずダブルス、シングルスともに言える事ですが1stセットを奪取した後の戦い方にまだ改善の余地があります。ファイセットに持ち込まれると相手にチャンスを与えてしまいますしチーム全体も盛り上がってしまいます。同じ戦略を2ndセットも貫くのか、それとも戦略を変えるのかが明確でないですし、気持ちの面でもどこか1stセットを取って安心してしまっている部分があります。最終戦、入れ替え戦までになんとか改善したいと思います。

次戦は9月11日に第4戦成城大学戦が成城大学にて行われます。ご都合つきましたら応援よろしくお願い致します。

リーグ戦第二戦 対東京大学戦

皆さんこんばんは、4年の鈴木です。

本日、リーグ戦第2戦、東京大学戦が東京大学にて行われました。結果はダブルス1?2、シングルス3?3、計4?5で敗戦が決定致しました。OB、OGの皆様、また山本コーチお忙しい中応援ありがとうございました。

試合前より本日の東京大学戦が4部を1位で通過する上で最大の山場になるだろうと予想していました。オーダーは両校とも関東学生進出者(資格者)がいるため比較的予想しやすいものでした。その上でダブルスのNo.1の結果が勝敗を分けるだろうとも予想しておりました。

試合は成蹊の非常に良い入りで始まりました。No.1,3が1stセットを奪取しそれに遅れて No.2も1stセットを奪取しました。しかしセカンドセットは1.3共に押される展開となりどちらもファイナルセットでの勝負となりました。No.1は持ち直し非常に接近した展開になりました。先にブレークしたのは成蹊でしたがその後のサービスゲームをキープ出来ずブレーク合戦となります。その間にNo.3は敗戦。一本目を明け渡してしまいました。No.1はファイナルセットタイブレークとなり、落とすとダブルス先行を許す非常に苦しい中でのプレーとなってしまいました。タイブレークは成蹊も非常に良く粘りましたが相手に押し切られゲームセット、この時点でスコア0?2となります。しかしNo.2は4年生のコンビで1ゲームは長引くものの要所は抑え2セットで勝利しました。

シングルスは一本も落とす事の出来ない状況の中No.6と4が苦戦します。No.4は終始相手にペースを握られ得意の長いラリーに持ち込めませんでした。No.6は1stセット終盤盛り返しセカンドセットに期待のある流れでしたが東京大のサーフェースに合わせる事に苦しみセットの頭をとる事に失敗します。相手には疲労も見え始めていましたがネットに出る展開を増やし上手く対処されてしまいました。この時点で2本を落とし1?4と追い込まれます。No.5は粘る相手を振り切り勝利します。No.3,2も成蹊有利の展開でNo.1勝負が見えてきます。しかし相手のNo.1が資格者のためか応援が試合開始を前に沈み込んでしまいました。不利と思われる試合の流れを変えるのが応援の役目、本日の敗因の一つとなってしまいました。No.1は粘りますがゲームセットとなりました。

東京大学はサーフェースの特徴を活かし攻めの姿勢を崩しませんでしたし、その上で粘りの部分でも成蹊を上回っていました。本日の結果から1位での通過は非常に厳しくなりましたが2位での通過は可能です。もう一度チーム全体を盛り上げ1戦、1試合、1ポイントを大切にしたいと思います。次戦は9月7日、学習院大学戦となります。4大学運動競技大会では勝利していますがリーグ戦では何が起こるかわかりません。ご都合がつきましたら応援お願い致します。

リーグ戦第一戦 8-1!

皆さんこんばんは、4年の鈴木です。

本日リーグ戦初戦、対千葉商科大学戦が行われました。結果はダブルス2-1,シングルス6-0、計8-1を持ちまして成蹊大学が勝利致しました。OB,OGの皆様方、並びに父兄の皆様方ご多忙の中本当に多く応援ありがとうございました。

試合の展開は序盤より成蹊有利に進みました。ダブルスはNo.3とNo.1が早々に勝ちを決めダブルスでの先行を決めました。No.2もファーストセットを奪取するも相手が挽回しファイナルセット勝負となりました。お互い譲らないファイナルセットでしたが最後に成蹊が弱気となりミスを散発。ブレークされてしまいNo.2を落としてしまいました。結果として1ポイントが9本のうちの1本になった格好です。

シングルスは大きな問題もなく6本を奪取しました。しかし相手校の選手が足を痙攣するなど助けられた部分もありますし、次戦で成蹊の選手に同じ事が起こりえますので体調の管理は徹底致します。

全体的には悪くない初戦でありましたがダブルスで1本取られ手しまった事と応援の活気出しについては反省しております。次戦の東京大学戦は最初の山場となりますので部員全員気を引き締めて試合に臨む所存です。

OB,OGの皆様方、試合日が平日のためご多忙と思われますがご都合合いましたら応援に来ていただきますようお願い致します。

S__925821

リーグ戦日程

リーグ戦の日程及びH&Aが発表されましたのでこちらでお知らせ致します。

 

8月30日
VS千葉商科大学(ホーム)
9月3日
VS東京大学(アウェー)
9月7日
VS学習院大学(ホーム)
9月11日
VS成城大学(アウェー)
9月15日
VS順天堂大学(アウェー)
9月20日
入れ替え戦(アウェー)入れ替え戦については相手が決まり次第再度お知らせします。

日程はこのようになっております。ご都合がつきましたら応援よろしくお願い致します。

校内合宿

こんにちは、4年の鈴木です。

本日8月7日から9日までの2泊3日で校内合宿を行います。主な目的と致しましてはリーグに向けたルールの詳細の確認等プレー以外の面がメインとなっています。毎年行う白子での合宿は練習が中心になってしまいどうしてもルールの詰めに手が回らなかったためこのように合宿を夏休み中2回行う事と致しました。合宿の2日目には対抗戦を行い、確認したルールに基づいたチーム運営を実践し、その後のミーティングで再度詳細の確認を行います。

また今年を含めた例年の夏は非常に厳しい暑さとなっています。部員はもちろんの事、皆様熱中症には十分に気をつけて夏をお過ごしください。

四大優勝

こんにちは、4年の鈴木です。

 

先日行われた最終戦の成城大学戦に7-2で勝利し見事5連覇を成し遂げました。スコアで見ると無難な勝利に見えてしまいますが成城大学は選手、応援共にしつこさのある良いチームでした。また成蹊のここ数年の課題でもあるパルチザンクラウドへの対策は未だに不十分で、実際に試合中に警告を取られてしまいました。入れ替え戦まではあと3ヵ月を切っていますので今年のチーム作りの屋台骨である隙のないチーム作りに基づきさらに精進して参ります。