• college2020@seikei-tennis.com

リーグ戦最終戦 対順天堂大学戦

リーグ戦最終戦 対順天堂大学戦

こんばんは、4年の鈴木です。本日リーグ戦の最終戦が行われました。結果はダブルス2?1、シングルス3?3、計5?4を持ちまして成蹊大学が勝利致しました。皆様応援ありがとうございました。

本日の試合は負ければ残留、4年生は引退となる非常に重要な一戦です。しかし状況は相手も同じでお互い1ポイントも落とせません。ダブルスは前戦に続き成蹊有利の展開で始まり3つのダブルスすべて難なく1stセットを奪います。No.2は非常に苦しい展開が予想されましたが今年1番のパフォーマンスで調子に波のある相手を圧倒しました。相手はリターンにおいてストレート強打を多用してきましたがその対応も良かったです。相手No.1はシングルでインカレ出場の実力者でしたがボレーとクロスラリーで成蹊はむしろ優勢で所々苦しむも2セットで試合を終わらせました。好調なNo.1、2とは対照的に3は苦しみます。ファイナルセットでの勝負が定番になっている3ですがなかなかリターンが決まらず流れを作れません。入れ替え戦ではこのような展開は許されません。

 

シングルスは成蹊優位で進んでいるかに見えた展開が突如逆転します。No.4.6が勝利し5もファイナルセット優位に立っており、さらにNo.3も1stセットを奪取した所でした。5がサービスゲームをキープ出来ず万事休す。順天堂に5を取られます。この時点で合計本数4?2なので成蹊有利に思えますが相手のNo.1は資格者ですし2も相手校主将で怪我を負いがらも試合を圧倒していました。No.3にかかる流れで2ndセット成蹊から3?5となります。相手も右肩上がりだったのでファイナルセットになると厳しかったでしょう。ここからブレイクしタイブレークに持ち込み今日の5本目となる勝ちを収めました。わずか1時間位の短い時間でしたがこの間選手も応援も本当に一体となっていました、入れ替え戦では同じ事を全試合で、特にダブルスで求められます。

 

泣いても笑っても次が最後です。ここ数年リベンジをかかげていましたがもう一度挑戦者である事を思い出し余計なプレッシャーを捨て今日のような試合を再現したいと思います。また対戦校は立教大学に決定致しました、会場が決まっておりませんので決定し次第ご連絡致します。毎年リーグ戦には多くの方に応援に来て頂いております、今年の入れ替え戦も応援よろしくお願い致します。S__19456019

9999sotsugyou